安定化二酸化塩素は皮膚への影響がなく、安心して使用できる成分

安定化二酸化塩素は皮膚に触れても平気?人体への影響を詳しく解説

・公開日:2021.12.10最終更新日:2021.12.10

新型コロナウイルスが流行し、除菌の必要性がうたわれてきました。

感染しないようにするには除菌が必須となり、飲食店や商業施設、家庭内など様々な場面で除菌が行われています。

除菌について調べていくうちに、次亜塩素系の成分に関連して「安定化二酸化塩素」を聞いたことのある方がいるのではないでしょうか。

安定化二酸化塩素は除菌・消臭効果が高く、安心して使用することのできる成分です。

しかし、身近に感じることのない成分なので本当に安全なのか不安に思う方が多いはず。また消毒液を使用してアトピーになった方や、毎日使う消毒液で手が荒れた経験のある方など、消毒剤にアレルギーがある方は皮膚への影響が気になると思います。

今回は、安定化二酸化塩素は皮膚に触れても影響はないのか、なぜ安心・安全だと言われているのか、解説します。

除菌・消臭として有効な安定化二酸化塩素とは

安定化二酸化塩素とは、二酸化塩素を安定的に放出できるようにした、除菌・消臭効果が高いものです。

二酸化塩素に含まれる「塩素」には強い酸化力があり、消毒剤として効果が発揮されます。しかし、二酸化塩素は気体なので、熱や光に弱く長期保存ができません。そこで、二酸化塩素を液体にして安定的に放出できるようにしたものが「安定化二酸化塩素」です。

安定化二酸化塩素は、ウイルスや病原菌を酸化し、構造を変化させることでウイルスや病原菌の機能を低下させます。また、長期的保存が可能なので、次亜塩素系の除菌成分に比べて使用しやすいです。

安定化二酸化塩素は、消毒や殺菌効果がうたわれている次亜塩素酸ナトリウムなどに比べて、約2.5倍の除菌効果があると言われています。

除菌だけでなく、消臭にも有効です。悪臭の原因であるアンモニアなどの物質に反応し、悪臭の元となる物質を分解除去することが可能。そのため、消臭効果も期待できます。

安定化二酸化塩素はなぜ安全?皮膚への影響を解説

安定化二酸化塩素はなぜ安全?皮膚への影響を解説

上記で安定化二酸化塩素は安全だと言いましたが、皮膚など人体に全く影響がないのか確証を持てず、利用をとどまる方も多いはず。また、医療機関で使用するのは納得できるが、家庭で使用するとなると皮膚への影響力が高いのではと心配な方もいると思います。

二酸化塩素は体内にも存在する成分なので安全性が高く、皮膚への影響はほとんどありません。皮膚に有害な発がん性物質を発生しないのも特徴的。

ラットを使用した二酸化塩素による生物皮膚刺激性試験では、二酸化塩素消毒剤を染み込ませた絆創膏を付けて24時間後、42時間後、72時間後それぞれ観察したところ、すべて皮膚に赤みや腫れは見られななかったと報告されています。

この試験から準拠して言えることは、二酸化塩素は適切な使い方をすれば皮膚への刺激がないということです。もちろん、人によっては皮膚に赤みや腫れが出る方もいると思いますが、心配な方は皮膚のパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

さまざまな研究所において、皮膚刺激性だけでなく、眼刺激性、急性毒性もないと報告がされています。これらを科学的に見ても安定化二酸化塩素は皮膚への影響が少なく、安心であると言えます。

使用を認めている公共機関

安定化二酸化塩素の使用が危険だと言われているのは、厚生労働省から医薬品としての使用を認められていないからです。

しかし、厚生労働省では、プールの除菌・消毒や、飲料水の酸化・消毒として安定化二酸化塩素の使用を認めています。

安定化二酸化塩素は、世界的にも利用されており、WHO(世界保健機構)FAO(国連食糧農業機構)に安全性が評価されています。その他にも、アメリカ・カナダ・ドイツ・イタリア・韓国では飲料水などへの除菌方法として実現。

安全で即効性も高いことから、日本だけでなく世界的に除菌・消臭効果として医療機関や食品機関、教育施設などで使用されてきました。安定化二酸化塩素は、衛生面から見ても安心して除菌効果を期待できる成分です。

日本厚生労働省 プールの除菌・消毒、小麦粉漂泊の食品添加物として使用可、水道水の除菌・消毒など
WHO(世界保健機構) 安全性 A-1クラス
FDA(米国食品薬局) 食品添加物、医療用消毒許可
EPA(米国環境保護庁) 飲料水、工場廃棄物処理、医療機器消毒に使用許可
NASA スペースシャトル内の除菌として使用

安定化二酸化塩素のおすすめ利用方法

いざ安定化二酸化塩素を使用しようと思っても、どのように使用するのがいいのかわからない方も多いはず。

安定化二酸化塩素の使用方法にはどのような使い方があるのでしょうか。おすすめの使用方法を紹介します。

スプレータイプ

安定化二酸化塩素を使用した除菌スプレーは、様々な場面で活躍します。

  • 手指消毒
  • 衣類・カバンの除菌
  • キッチン周りや調理器具のウイルス対策
  • カーテンやソファなど布類の消臭対策
  • トイレの除菌・消臭
  • タバコ臭・ペット臭をはじめとするニオイ消し など

携帯用のスプレーも販売されているので、外出先でも除菌することができます。また、安定化二酸化塩素の原液を購入すれば自分でスプレーを作ることも可能。その場合、用途に合わせて原液を希釈する必要があるので、希釈は必ず行ってください。

希釈をする場合は500ppmを100倍で希釈するのが一般的。用途によって希釈する量が違うので、製品情報を確認してください。

安定化二酸化塩素は安全な成分ですが、手指消毒用でないものは、皮膚に直接吹きかけないように注意してください。

また安定化二酸化塩素の原液を使用する場合、安定化二酸化塩素と他の酸性の物質を混ぜないように注意してください。二酸化塩素のガスを発生させます。

適切な使用方法で安定化二酸化塩素を使えば、皮膚への影響もなく安全に利用することができるので、表示されている製品情報をしっかりと確認し、使用方法は必ず守って使用してください。

置き型タイプ

芳香剤、消臭剤の違いを知っておこう

置き型タイプの安定化二酸化塩素は、空間の除菌・消臭と使用するのがおすすめ。

安定化二酸化塩素は、悪臭の元を除去して消臭することができるので、お部屋に置いておくだけで快適な空間を維持することが可能です。

トイレの消臭はもちろん、車内のタバコ臭にも効果的。気軽に消臭をしたい方は置き型タイプがおすすめ。

置き型タイプは皮膚に直接触れることがないので、皮膚への影響が気になる方は置き型タイプの安定化二酸化塩素を使用しても良いでしょう。

タブレットタイプ

タブレットタイプの安定化二酸化塩素は、広範囲の空間除菌・消臭に優れています。

スプレータイプや置き型タイプに比べて、部屋全体の空間除菌・消臭に効果的。なので、空間丸ごと快適な部屋を作ることができます。

タブレットタイプも置き型タイプ同様、皮膚に直接触れることがないので、皮膚への影響が少し心配な方でも使いやすいです。

エアコンに取り付けるだけなので、手間をかけずに部屋の空間除菌・消臭を行いたい方におすすめ。

【皮膚にも安全】空間丸ごと除菌・消臭可能な製品 「AC plus」

「AC plus」は、タブレットタイプの安定化二酸化塩素です。

エアコンに設置するだけで空間除菌できる画期的な製品。病原菌・ウイルスの除去率は99.99%。空間丸ごと除菌・消臭できます。

AC plus1袋をエアコン上部(吹込口)に取り付けるだけで、部屋を除菌し、さまざまな病原体ウイルスを不活性化します。一度の設置で約2カ月持続可能なので、頻繁に交換する必要もなく、手間をかけずに利用できます。

AC plusは、除菌だけでなく消臭にも有用。さまざまな有機悪臭を分解除去できるので、消臭機能にも優れています。アンモニア臭、ペット臭、タバコ臭、室内干し臭など、家庭内でのさまざまな臭い対策にもなります。

主成分は安定化二酸化塩素なので、安心して使用でき、皮膚への影響もありません。お子様のいる家庭や、ペットを飼われている家庭など、お子様の皮膚や、動物の皮膚にも影響がないので、あらゆる環境に適応しています。エアコンがある家庭ならば、どなたでも安心安全に使うことができます。

スプレータイプとは違い、皮膚に直接触れることがないので、皮膚に直接使用するのに抵抗がある方も、安心して使用することができます。

皮膚にも安全で、空間丸ごと除菌・消臭したい方は、部屋の除菌・消臭として「AC plus」を使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、安定化二酸化塩素の皮膚への安全性について紹介しました。

安定化二酸化塩素は、皮膚にも安心して使用できる成分です。皮膚への影響があまり見られないので、どなたでも環境を選ばずに使うことができます。

消毒として使われるアルコールとは成分が違うので、アルコール消毒にアレルギーがある方にも、安定化二酸化塩素は除菌効果として有効。

しかし、すべての方の皮膚に影響が出ないとは限らないので、皮膚への影響が心配な方は利用前に皮膚のパッチテストを行うことをおすすめします。

皮膚への影響が少ない安定化二酸化塩素を利用して、安心安全に除菌・消臭を行いましょう。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 大賀薬局にて絶賛発売中! ドン・キホーテ   ドン・キホーテ一部店舗にて発売中! ヤマダデンキ   ヤマダデンキ一部店舗にて発売中!