新型コロナ対策に欠かせない!高藤式安定化二酸化塩素商品「Air-Guard」

高藤式安定化二酸化塩素 Air-Guardとは?その効果や使い方

・公開日:2022.01.07最終更新日:2022.01.07

さまざまな安定化二酸化塩素製品が販売される中、高藤式安定化二酸化塩素を使用した「Air-Guard」(エアーガード)が注目されています。

新型コロナウイルス対策にも有効であることが確認されている「Air-Guard」ですが、高藤式安定化二酸化塩素とはどのようなものなのか?

また、その効果はほかの製品と比べてどう違うのか?

本記事では、これらについての解説と合わせて、「Air-Guard」のおすすめの使い方などをご紹介いたします。

Air-Guardの主成分である高藤式安定化二酸化塩素とは

安定化二酸化塩素は、WHO(世界保健機関)やEPA(アメリカ環境保護庁)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、また、厚生労働省などの基準をクリアした高い効果性と安全性を誇る薬品です。

日本ではまだお馴染みとは言いにくい状態ですが、海外では広く使われています。

その中でも高藤式安定化二酸化塩素は特に、二酸化塩素の性能を最大限活用できるよう、高い技術での施工が施されています。

高藤総合科学研究所所長の高藤恭胤氏によって開発されました。

「Air-Guard」は、そんな高藤式安定化塩素を主成分としています。

そのため、人体にとって安全な成分のみを使用し、性能劣化の防止や高い殺菌持続力などの開発に成功した、最先端の除菌剤と言われているのです。

他の安定化二酸化塩素商品との違いとAir-Guardの効果について

他の安定化二酸化塩素商品より抗菌持続力が高い

二酸化塩素の性能というと、独特の塩素臭を思い出される方もいるのではないでしょうか。

安定化二酸化塩素商品の中でも、高藤式安定化二酸化塩素はニオイがほとんど気になりません。

また、改良を加えたことにより、高い持続性を保持することがわかっています。

高藤式安定化二酸化塩素にはエタン酸が入っており、通常の安定化二酸化塩素より4〜5%蒸散率が高くなっているのです。

除菌力が高いだけではなく、スプレーなどで噴霧した後の抗菌持続時間は最大8時間と、圧倒的な効果を発揮する点が、他商品との違いと言えるでしょう。

このような点から、プールや浄水処理など先端現場での消毒利用や、低濃度での空間除菌に多く利用されています。

なお、全国の病院やJR、空港などのほか、国家的な建物の除染にも用いられ、高く評価され始めています。

ご家庭では、「Air-Guard」をマスクにスプレーして数回使用したり、家具やキッチン用品の除菌、室内の空間除菌など、幅広い用途に使用可能です。

新型コロナウイルス感染対策に有効な研究結果

「Air-Guard」は、藤田医科大学と株式会社 CANAK、一般社団法人消毒抗菌高度技能認定協会による合同研究にて、新型コロナウイルスを減少させることが確認されました。

研究では、600ppmの安定化二酸化塩素水溶液を3時間反応させることで、感染性ウイルス量は94%減少した結果が得られています。

安定化二酸化塩素は、製品によって二酸化塩素を放出する仕組みが違うため、特定の菌やウイルスへの断定的な効果が記されていない場合が多々あります。

このように強力な除菌力を持ちながらも、高い安全性が確認されている除菌アイテムは、高藤式安定化二酸化塩素を主成分とした「Air-Guard」のほかに、なかなか無いでしょう。

高藤式安定化二酸化塩素 他の安定化二酸化塩素
ニオイ ◎ ほとんど無し ○ ほぼ無い商品が多い
持続性 ◎ 約4〜8時間 ○〜△ 二酸化塩素が発生するのは最初だけ、という商品もあり
刺激性 ◎ アルコールフリー ○〜△ アルコールフリーではない商品もあり
保存期間 未開封2年以上 1〜2年程度が多い

おすすめの使い方

おすすめの使い方

では、そんな「Air-Guard」のおすすめの使い方とは、どのような方法なのでしょうか。

まず、「Air-Guard」は、商品タイプによって濃度が違います。

ボトルタイプは高濃度の600ppm、スプレータイプやミストタイプは一般的な適正濃度とされる300ppmです。(業務用タンクタイプは両濃度あり)

濃度によってAir-Guardを使い分けすることで安全に除菌

「Air-Guard」は、基本的に希釈して使うことが多いでしょう。

高濃度の600ppmボトルタイプを購入した場合は特に、除菌・消毒するモノがそのままの濃度で使用できるかどうかを、事前によく確認しておきましょう。

下記にように用途に合わせて希釈し、スプレーボトルなどにセットしておくと、手軽に日常の除菌・消毒ができておすすめです。

  • 不織布マスク:150〜300ppm
  • テーブルなどの家具:250ppm
  • 調理器具:400〜500ppm
  • ペット関連の施設やアイテム:400〜600ppm
  • 加湿器による噴霧(空間除菌):30〜50ppm

また、「Air-Guard」を購入された方からのレビューの中には、

私は300PPMの100㎖のスプレーを使っています。使い方が違うかもしれませんが、傷の雑菌の消毒にもなると聞き、右耳の後ろ側の皮膚炎に2〜3プッシュしています。

2年間前から、耳の後ろ側の皮膚炎が悪化し、膿んで悩んでいました。処方された抗生物質などを塗っていましたが、結局、完治しませんでした。(中略)膿んでいる部分に、毎日お風呂上がりと午前中、ふりかけました。今は、膿んでいる部分が小さくなり、ほぼ元の皮膚に戻っています。

なんて声も。

まずは、多くの方がほぼ毎日使用するであろうマスクなどから始めると、使いやすいのではないでしょうか。

Air-Guard 製品タイプ ボトルタイプ ミストタイプ スプレータイプ プッシュスプレータイプ
容量/濃度 250ml/600ppm 300ml/300ppm 300ml/300ppm 100ml/300ppm
価格 3,500円(税込) 2,800円(税込) 2,800円(税込) 1,400円(税込)

※業務用タンクタイプ:2L,5L,10L,20L/300ppm及び600ppm は要問い合わせ

高藤式安定化二酸化塩素 Air-Guardはどこで買える?

高藤式安定化二酸化塩素 Air-Guardはどこで買える?

Air-Guardは大手通販サイトで購入すると送料無料に

「Air-Guard」は、Amazonや楽天などのオンラインショップで購入できます。

どちらも送料無料で購入できるタイプがあるので、会員登録している方はぜひ、この機会にカートに追加しておきましょう!

なお、改めて詳しい説明を読んでから購入したい場合や業務用に大口購入したい場合、直接問い合わせたいことがある場合などは、下記の「Air-Guard」紹介ページへアクセスしてみてください。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 大賀薬局にて絶賛発売中! ドン・キホーテ   ドン・キホーテ一部店舗にて発売中! ヤマダデンキ   ヤマダデンキ一部店舗にて発売中!