介護や看護のシーンで知っておくべき感染予防や対策とは

看護職におけるウイルス感染予防対策のキホン

公開日:2021.04.08最終更新日:2021.04.08

看護職に就かれている方は、一般の方と比べて、より感染予防を徹底する必要があります。

この記事では、看護の現場における感染予防対策の基本と、身近に感染が疑われる人がいる場合の対応について解説しています。

自宅でできる感染予防対策も紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

看護職の方が知っておくべき感染予防の基本

新型コロナウイルスの感染拡大によって、医療・看護の現場ではより徹底した感染予防が求められるようになりました。

まずは、感染症が発症に至るまでの流れと、看護師向けの基本的な感染予防対策について詳しく見ていきましょう。

感染症を発症する仕組み

人は以下の6つの要素によって感染症を発症するといわれています。

病原体 細菌・ウイルス・寄生虫の存在
病原巣 感染者・動物・食品など、病原体が生存できる環境
排出門戸 病原体が病原巣から出ていく場所(口・鼻・創傷・治療に使った医療器具など)
感染経路 病原巣から出た病原体が宿主に侵入するまでの経路(空気感染・飛沫感染・接触感染・経口感染)
侵入門戸 病原体が宿主に侵入する場所(口・鼻・創傷・治療に使う医療器具など)
宿主 感染を受ける人

プロセスとしては、病原体に感染した人(感染源)が咳やくしゃみ、排泄によって病原体を排出し、何らかの経路で宿主の体内へ侵入、防御反応として発病するという流れです。

感染症の潜伏期間や発症の有無については、病原体の持つ毒性の強さと、宿主の抵抗力によって異なります。

一般的に、ケアを受ける患者さんは看護師よりも抵抗力が弱いため、感染を受けるリスクが高くなると言えます。

そのため、看護師は患者さんに病原体をうつさないよう、感染予防対策をとる必要があるのです。

職場での正しい感染予防対策と注意点

看護の現場では、手指消毒やマスク着用といった一般的な感染予防対策に加え、防護具の取り扱いなども適切に行わなければなりません。

手指消毒

手指の衛生を維持するには、石けんを使った日常手洗いと、消毒剤を使った衛生手洗いをこまめに行うことが大切です。

感染予防対策としての手洗いおよび消毒の正しい手順は以下の通りです。

<手洗いの手順>

  1. 流水で洗浄する部分を濡らす
  2. 薬用石けんを手のひらにとり、手のひらを洗う
  3. 手のひらで手の甲を包むように洗う
  4. 指・指の間を洗う
  5. 親指の周囲を洗う
  6. 爪を洗う
  7. 手首を洗う
  8. 流水で洗い流す
  9. ペーパータオルなどでふき取る

<手指消毒の手順>

  1. 消毒液を手のひらにとる
  2. 両手の指先に消毒液をすり込む
  3. 手のひらにすり込む
  4. 手の甲にすり込む
  5. 指の間にすり込む
  6. 親指の周囲にすり込む
  7. 手首にすり込む

手指消毒は、病室に入る前後・患者に触れる前後・体液や排泄物に触れたあとなどでこまめに実施する必要があります。

また石けんは液体のものを使用し、詰め替えではなく容器ごと入れ替えるようにしましょう。

咳エチケット

咳エチケットという言葉は、看護の現場以外でも広く使われるようになりました。

具体的には、咳・くしゃみをする際にマスクを着用したり、口や鼻を覆ったりすること、またくしゃみをした後は手をしっかり洗うことを咳エチケットといいます。

これは看護師だけでなく、患者さんや一般の職員、また面会にきた家族など全ての人が対象です。

そのため看護師は自身の咳エチケットを徹底するだけでなく、患者さんやその家族に咳エチケットの指導を行うことも重要な感染予防対策の1つとなります。

環境整備(清掃)

看護の現場における感染予防対策として、毎日の清掃も忘れてはいけません。

ベッドの横板・サイドテーブル・便器・ドアノブなど、患者さんがよく触れる場所を消毒入りの洗剤で拭き取りましょう。

また血液や体液で汚れた場所は次亜塩素酸ナトリウムなどを使用し、しっかりと滅菌することが大切です。

個人防護具

防護具は、患者さんの血液や体液が自分に曝露したり、他の利用者に病原体を拡げたりしないために使われるアイテムのことです。

一般的な防護具として、手袋・ガウン・マスク・ゴーグルなどがあります。

防護具は常に身に着けておくものではなく、感染予防の必要に応じて着脱を行うものになります。

使用後は防護具の外側・内側の両方に細菌・ウイルスが付着していると考え、対応する患者さんごとに交換するようにしましょう。

ワクチンの予防接種

看護師は、インフルエンザ・麻疹・水痘・風疹・流行性耳下腺炎のワクチン接種が推奨されています。

これには感染拡大を防いだり、抵抗力の弱い患者さんを守ったりする目的がある他、看護師自身の発症や重症化の防止にも効果的です。

その他、看護師向けの感染予防ツールや資料・マニュアルなどは日本看護協会(https://www.nurse.or.jp/nursing/practice/covid_19/document/index.html)のWebサイトから確認・ダウンロードすることができます。

新型コロナウイルスなどの感染症が疑われる患者に対する看護者の対応

患者さんが新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症を発症した可能性がある場合は、症状や経路に応じた感染予防対策が必要です。

続いて、何らかの感染症が疑われる場合の対応と、被害を拡げないためにできる感染予防対策について詳しく見ていきましょう。

症状別の感染予防対策

嘔吐や下痢、発熱などの症状が見られる場合の対応方法は以下の通りです。

嘔吐・下痢

  1. 便や吐物で汚染された場所がある場合は、速やかに処理を行う
  2. 処理の際は手袋・マスク・エプロンなどの個人防護具を必ず着用する
  3. 処理後は日常手洗い・衛生手洗いを実施
  4. 感染症が疑われる場合は、患者さんの隔離などを計画する

発熱・関節痛・倦怠感

  1. 他の患者さんと2m程度の距離をとる
  2. 同じ症状の患者さんが周囲にいないかどうか確認する
  3. レクリエーションの中止や人が集まる場所の使用中止を検討する
  4. 感染症が疑われる場合は、患者さんの隔離などを計画する

経路別の感染予防対策

患者さんに感染症が疑われる場合は、病原体が他の宿主に侵入するための経路を遮断して、感染拡大を防止することが大切です。

ここでは、接触感染・飛沫感染・空気感染による病原体の拡散を防ぐための対策方法を見ていきましょう。

接触感染

感染者の皮膚や粘膜、またウイルスが付着している物を触った手で、自身の口や鼻に触れることで感染する仕組みを接触感染といいます。

接触感染によって感染拡大が起こりやすい疾患には、ノロウイルス・水痘・帯状疱疹ウイルス・黄色ブドウ球菌などがあります。

接触感染の対策方法は以下の通りです。

  1. 看護師は病室に入る前に手指消毒と個人防護具の装着を行う
  2. ケアの終了後は室内で防護具を外す(病原体を外に出さないため)
  3. 手指消毒を行ってから病室を出る

飛沫感染

咳やくしゃみなど、感染者の口から飛び散ったしぶき(飛沫)を近くにいる人が吸い込むことで感染する仕組みを飛沫感染といいます。

飛沫感染が主な感染経路となる疾患には、インフルエンザウイルス・風しんウイルス・アデノウイルス・百日咳などがあります。

飛沫感染の対策方法は以下の通りです。

  1. 看護師は病室に入る前に手指消毒と個人防護具(マスク)の装着を行う
  2. ケアの終了後は室内で手指消毒を行う
  3. 病室を出てから防護具を外す

空気感染

咳やくしゃみなど、感染者の口から飛び出したウイルスが空気の流れによって拡散され、周囲の人がそれを吸い込むことで感染する仕組みを空気感染といいます。

空気感染が起こりやすい疾患として、結核菌・麻しんウイルス・水痘・帯状疱疹ウイルスなどがあります。

空気感染の対策方法は以下の通りです。

  1. 看護師は病室に入る前に手指消毒と個人防護具(結核用マスク)の装着を行う
  2. ケアの終了後は室内で手指消毒を行う
  3. 病室を出てから防護具を外す

看護職員の家族に感染者がいる場合

自身の家族内に新型コロナウイルスやインフルエンザの感染が疑われる人がいる場合は、速やかに職場へ報告することが大切です。

また家族間で感染が拡がらないよう、感染者の隔離や室内の除菌などを徹底しましょう。

そのほか、自宅でできるおすすめの感染予防対策

看護職の方は、職場での感染予防対策だけでなく、自宅での感染予防対策も重要です。

最後に、家庭内感染の防止に効果的とされる対策方法について詳しく見ていきましょう。

こまめな手指消毒

看護の現場で感染予防対策を徹底していたとしても、帰宅時には何らかのウイルスが付着している可能性があります。

家に帰ったあとは日常手洗い・衛生手洗いを実施し、ウイルスを他の場所に付着させないよう注意しましょう。

また、以下のようなシーンでも手洗い・消毒による感染予防対策を行うことが推奨されます。

  • 調理の前後
  • 食事の前後
  • トイレの後
  • ゴミ捨ての後 など

いつでも手指消毒が行えるよう、洗面所以外の部屋にも除菌スプレーなどを設置しておくと安心です。

空間除菌剤などの活用

室内の除菌を行う場合は、広範囲に除菌成分を散布できる空間除菌剤の活用がおすすめです。

空間除菌剤には安定化二酸化塩素や次亜塩素酸水などの酸化作用を持つ成分が含まれており、感染予防対策に有効とされています。

特に安定化二酸化塩素を使った空間除菌剤は、人体への害性もなく、安全性の高い成分として話題を集めています。

新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染予防対策に使える他、部屋のニオイ消しやカビ除去効果も期待できる成分です。

自宅の感染予防対策を強化したいとお考えの方は、ぜひ安定化二酸化塩素を使った空間除菌剤の利用を検討してみてください。

まとめ

  • 新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症を防ぐには、感染経路を遮断することが大切
  • 看護の現場では、手指消毒・防護具着用・日々の清掃といった感染予防対策が求められる
  • 職場での感染予防はもちろん、家庭内感染を防ぐために自宅でも対策を講じる必要がある

「AC plus」は、自宅のエアコンフィルターに設置するだけで室内の除菌ができる最新の空間除菌システムです。

安定化二酸化塩素を使っているため人体への影響もなく、安全にお使いいただける商品となっています。

新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染予防対策として導入をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

3月22日(月)よりV・ドラッグで発売開始!3月22日(月)よりV・ドラッグで発売開始!