安全かつ強力な除菌効果が期待されている安定化二酸化塩素について詳しく解説

ウイルス対策はアルコールだけ?安定化二酸化塩素を使用した消毒方法とは

・公開日:2021.09.03最終更新日:2021.09.03

新型コロナウイルスの影響で、感染対策に興味を持つ人が増えています。いろいろな関連商品が販売されていますが、アルコール以外のもっと強力な消毒方法がないかと探している人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ウイルス対策として有効な方法を紹介します。記事の後半では、安全かつ強力な除菌効果が期待されている安定化二酸化塩素について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

ウイルス対策|アルコールを含む消毒方法の一覧

ウイルス対策|アルコールを含む消毒方法の一覧

ウイルス対策には、アルコールスプレーやアルコールティッシュなどを使用した方法以外にもいくつかの手段があります。

今回は一例として、厚生労働省のホームページで掲載されている新型コロナウイルス消毒・除菌方法一覧をチェックしましょう。

消毒方法 手指 もの 薬機法上の登録
手洗い
熱水 ×
塩素系の漂白剤 基本的には雑品
界面活性剤 -(未評価) 基本的には雑品

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

ここからは、以下の3つのグループに分けて、それぞれどのようなウイルス対策が効果的なのか解説していきます。

  • 手指のウイルス対策
  • もののウイルス対策
  • 空気中のウイルス対策

順番に内容を確認していきましょう。

手指の安全な消毒に適しているのは?

手指のウイルス対策として効果的なのは、以下の2つです。

  • 手洗い
  • アルコール消毒

手指の感染対策1:手洗い

ウイルス対策として手洗いを行う場合は、石けんやハンドソープなどの商品を使って10秒以上もみ洗いをしましょう。その後、15秒ほどかけて流水でしっかり洗い流してください。

この後、アルコールスプレーなどの商品を使って消毒する人がいるかもしれませんが、厚生労働省によると手洗い後の消毒液の使用は不要とのことです。

手指の感染対策2:アルコール消毒

ウイルス対策として手指にアルコールスプレーなどを付ける場合は、濃度70%95%以下のエタノールを用意してください。スプレーなどで手指にアルコールを噴射した後は、よく刷り込むことが大切です。

外出時など、手洗いができない場合はアルコールスプレーなどで消毒を行うのが便利です。

ただし、人体にアルコールスプレーなどを用いる場合は、有効性や安全性、品質がきちんと確認された医薬品・医薬部外品である製品を使用するようにしてください。

なお、アルコールに過敏な方は、安全を考えてアルコールスプレーなどの消毒以外の方法・商品でウイルス対策をしましょう。

アルコールスプレー以外|ものを安全に消毒するのにおすすめな方法

アルコールスプレー以外|ものを安全に消毒するのにおすすめな方法

ものの消毒をアルコールが使われた商品以外で行う場合に、有効な方法は以下の通りです。

  • 塩素系の漂白剤
  • 熱水
  • 界面活性剤
  • 次亜塩素酸水

ものの感染対策1:塩素系の漂白剤

塩素系の漂白剤として多くの人に使用されているのは、次亜塩素酸ナトリウムでしょう。ドラッグストアやスーパーなどでも販売されているため、わりとすぐに手に入る商品です。

塩素系の漂白材を使用してウイルス対策を行う場合は、濃度が0.05%になるように調整しましょう。希釈水を消毒したい箇所につけた後は、水拭きを忘れないようにすることが大切です。

なお、消毒中は塩素系の漂白剤が目に入ったり、体に直接ついたりしないように十分注意してください。

また、塩素系の漂白剤は酸性の物質と混ぜると、人体に有害な塩素ガスが発生します。使用時は別の薬剤と混ざらないように、気を付けるようにしましょう。

ものの感染対策2:熱水

箸や食器などの消毒には、熱水が有効です。やけどに注意して、80度の熱水を作り、10分間ものをさらしてください。

ものの感染対策3:界面活性剤

界面活性剤とは家庭用の洗剤の主成分で、ウイルスの膜を壊す効果があると言われています。ウイルスは膜を壊されると無毒化する仕組みになっているのです。

例えば、厚生労働省によると、以下9種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに効果があるとされています。

界面活性剤の名称 推奨濃度
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 0.1%以上
アルキルグリコシド 0.1%以上
アルキルアミンオキシド 0.05%以上
塩化ベンザルコニウム 0.05%以上
塩化ベンゼトニウム 0.05%以上
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム 0.01%以上
ポリオキシエチレンアルキルエーテル 0.2%以上
純石けん分(脂肪酸カリウム) 0.24%以上
純石けん分(脂肪酸ナトリウム) 0.22%以上

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

いずれも商品に記載された使用方法に基づいて、消毒に使用するようにしましょう。なお、手指用の商品であれば問題ありませんが、それ以外の商品は原則手指や皮膚に直接使用することを避けてください。

ものの感染対策4:次亜塩素酸水

次亜塩素酸水とは、ウイルスを酸化させる効果がある次亜塩素酸が主成分の溶液です。世界各地で爆発的な広がりをみせる新型コロナウイルスも破壊して無害化させる力を持っています。

次亜塩素酸水でウイルス対策を行う場合は、消毒したいものの汚れを先に落としておくことが大切です。汚れが取れたら、次亜塩素酸水を適切な濃度に希釈して布やペーパーを使って消毒を行います。

ちなみに、拭き掃除に適した濃度は80ppm以上、元々ついている汚れがひどい場合は200ppm以上、かけ流しに使用する場合は35ppm以上です。

アルコール以外の空気中のウイルス対策方法は?

アルコール以外の空気中のウイルス対策方法は?

空気中のウイルスが気になる方は、以下の方法を試すことをおすすめします。

  • 換気
  • 安定化二酸化塩素

空気中の感染対策1:換気

室内全体の感染対策としては、換気が一般的です。ウイルスの感染を防ぐためには、できるだけこまめに換気するようにしましょう。

冬場や夏場は換気によって、室内の温度が上下しやすくなります。そのため、短い時間で効率よく換気することがポイントです。

2方向の窓を同時に開放することで、数分間で部屋の空気の入れ替えが行いやすくなります。

空気中の感染対策2:安定化二酸化塩素

安定化二酸化塩素をタブレット化したAC plusという商品を使用すれば、空気中に漂うウイルスの抗菌作用が期待できます。ウイルスの活動を弱められるため、感染対策として効果的です。

ここからは、安定化二酸化塩素の特徴やAC plusという商品について詳しく解説していきます。

安定化二酸化塩素とは

安定化二酸化塩素とは、高い除菌・消臭効果がある二酸化塩素を物質的に安定化させたものです。アメリカを中心に研究が進められ、その効果と安全性に関する情報は日本にも広がりつつあります。

部屋全体の抗菌効果を求めるなら|タブレットタイプの安定化二酸化塩素 AC plusがおすすめ

部屋全体の抗菌効果を求めるなら|タブレットタイプの安定化二酸化塩素 AC plusがおすすめ

アルコール消毒は気軽にウイルス対策ができる方法ですが、広い空間の除菌・抗菌には不向きです。こうした場合は、エアコンに安定化二酸化塩素でできたタブレットを取り付けて、空間除菌を行う方法がいいでしょう。

AC plusは、安定化二酸化塩素をタブレット化した商品です。小さなタブレットをエアコンの吸気口に取り付けるだけで、空気中の感染対策になります。液体タイプの商品ではないためこぼれる心配がなく、安心です。

さらに、この商品のうれしいポイントは除菌効果だけでなく、消臭効果も期待できる点です。AC plusなら、ウイルス対策とあわせてお部屋の嫌な臭い問題も解決できます。

まとめ:アルコール・安定化二酸化塩素をうまく使い分けよう

アルコールスプレーを使う消毒方法は多くの方が知っていますが、今回紹介した通り、ウイルス対策には非常に多くの手段があります。安定化二酸化塩素の使用もその1つです。

取り扱いのしやすさや保管のしやすさで選ぶなら、AC plusという商品がおすすめです。安定化二酸化塩素をタブレット化した商品なので、液体の商品のようにこぼしたり、保管場所に困ったりする心配がありません。

AC plusの商品購入を前向きに検討している方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 大賀薬局にて絶賛発売中! ドン・キホーテ   ドン・キホーテ一部店舗にて発売中! ヤマダデンキ   ヤマダデンキ一部店舗にて発売中!