部屋のいい匂いが持続しない原因は?対策とおすすめの芳香剤を紹介

お部屋の匂い対策でおすすめのアイテムとは

部屋のいい匂いが持続しない原因は?対策とおすすめの芳香剤を紹介

・公開日:2021.06.14最終更新日:2021.06.14

部屋の中でアロマなどのいい香りがすると、心身ともにリラックスできる効果が期待できます。

しかし、部屋にルームフレグランスやリードディフューザーを置いても、なかなかいい匂いが持続せずに困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、部屋でいい匂いいを持続させるための方法を解説します。記事の後半では、部屋に合う匂いの選び方やおすすめの香りアイテムを紹介します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 部屋のいい香りが持続しない人
  • 部屋で持続する香りの選び方が分からない人
  • 香りが持続するおすすめのルームフレグランスが知りたい人

部屋に芳香剤を置いてもいい匂いが持続しない原因とは

部屋にいい匂いがするアイテムを置いても持続しない原因は、もともとの匂いが残っていることにあります。

元からある部屋の匂いを排除しないまま、芳香剤などを置くと匂いが混じってしまいます。結果、部屋にいい香りが持続しない、という状態に陥ってしまうのです。

香りを長持ちさせるためには正しい手順が大切

香りを長持ちさせるためには正しい手順が大切

いい匂いを部屋に持続させるためには、正しい手順に従って香りアイテムを置くことがポイントです。

この章で、香りを持続させる方法を確認しましょう。

手順1:換気する

いい香りを持続させるためには、まず、部屋についているもともとの匂いを追い出します。窓やドアを開けて、換気をしましょう。

また、換気扇を回したり、給気口を活用すると効率良く部屋の空気を入れ換えられます。

給気口とは、空気を入れ替えるために各部屋に設置されているものです。

使っ邸内人が多いかもしれませんが、部屋の壁を見ると小さな丸もしくは四角の口がついているので確認してみましょう。

給気口を日常的に使用することで、部屋の換気がしやすくなるのでこの機会に活用してみてください。

手順2:布系のものを洗濯する

カーテンやソファー、ラグなど、部屋の中にある布製品を洗濯しましょう。匂いは布の繊維につきやすいため、洗濯することでもともとの匂いを落とせます。

クローゼットの洋服や布団もクリーニングすれば、いい匂いが持続しやすい空間を作り出せます。

大きくて洗濯できないものは、消臭効果がある商品を活用すると良いでしょう。

手順3:アロマキャンドル・リードディフューザーを用意する

部屋の匂いが除去できたら、いい匂いがするアイテムを部屋に設置しましょう。

匂いアイテムは、芳香剤やアロマキャンドルだけではありません。リードディフューザーやアロマオイル、スプレータイプのルームフレグランスなどさまざまなタイプがあります。

自分の部屋にあう匂いや使い勝手の良さで、匂いアイテムを選ぶと良いでしょう。

いい香りがするルームフレグランスの選び方とは

この章では、匂いアイテムの選び方を解説します。たくさんの商品の中から、自分の部屋にあうものを探すときに参考にしてください。

匂いを統一するとすっきりする

いい匂いがするアイテムはとても多くの種類がありますが、いろいろな匂いの商品を購入すると部屋で混じってしまい、気分が悪くなる可能性があります。

単体の匂いが良くても、他の香りと混ざると微妙になることも多いため、匂いの方向性は合わせた方が良いでしょう。

例えば、柑橘系の匂いで統一したり、ハーブ系の匂いでそろえたりすると香りがすっきりします。

部屋の場所に合うものを購入する

匂いを持続させるためには、部屋の大きさや使い方にあわせて香りアイテムを選ぶことも大切です。

例えば、玄関は人の出入りが多く、靴の臭いが気になる場所なので、あまり香りが強くない消臭アイテムを選ぶと良いでしょう。

玄関でもいい香りを楽しみたいなら、サシェやアロマストーンなど、ほんのり匂いがするアイテムを置くのがおすすめです。

広い空間のリビングはいい香りを部屋に充満させるのが難しいので、匂いが拡散しやすい超音波式のアロマディフューザーが適しています。

自分の部屋や寝室は、好みの香りをふんだんに使えばリラックス効果を感じられます。

リードディフューザーを置けばおしゃれな空間になりますし、アロマオイルをたらせるランプを設置すれば視覚的にも落ち着けるでしょう。

形状で選ぶ

部屋にいい匂いを持続させるアイテムといっても、さまざまな形状があります。

例えば、スティックタイプ、固形タイプ、スプレータイプ、キャンドルタイプなどの香りアイテムが多いです。

スティックタイプは見た目がおしゃれなので、インテリアに溶け込みやすいです。

固形タイプの匂いアイテムは強い匂いは感じにくいですが、香りが持続しやすく、倒しても中身がこぼれる心配がありません。

スプレータイプは匂いの持続性は弱いですが、即効性があります。キャンドルタイプなら匂いだけでなく、火によるリラックス効果を感じられるでしょう。

部屋の匂いを持続させるアイテム1:芳香剤

部屋の匂いを持続させるアイテム1:芳香剤

「部屋にいい匂いを持続させるアイテム」といえば、芳香剤が頭に浮かぶ人が多いでしょう。

芳香剤はおしゃれな雑貨屋はもちろん、ドラッグストアやコンビニなどでも手に入れられるのがポイントです。

芳香剤のメリット

芳香剤のメリットは、いい匂いがする効果だけでなく、消臭効果も期待できる商品が販売されていることです。

前述の通り、いい匂いを持続させるためには、邪魔な匂いを取り除く必要があります。

消臭剤が入った芳香剤を部屋に置けば、そうした邪魔な臭いを排除しながら、良い匂いを感じられるでしょう。

芳香剤のデメリット

芳香剤のデメリットは、匂いの持続力が拡散力があまり強くないことです。

トイレやお風呂、クローゼットなどの狭い部屋であればいい匂いを感じやすいですが、リビングや寝室などでいい匂いを持続させるのは難しいでしょう。

芳香剤から離れると、匂いをまったく感じられないケースも珍しくありません。

部屋の匂いを持続させるアイテム2:アロマキャンドル

アロマキャンドルとは、アロマオイルが含まれたろうそくのことです。火をともすことで、におい成分が部屋に広がり、いい匂いが持続します。

アロマキャンドルのメリット

アロマキャンドルで匂いを感じるためには火を使いますが、火のゆらぎは人の癒す効果があると言われています。

いい匂いが充満した部屋でアロマキャンドルの火を見れば、心身ともに癒されるでしょう。

また、アロマキャンドルは、部屋の空気中に漂う臭いの微粒子成分を燃やします。

これにより、部屋の嫌な匂いを消臭できるので、アロマキャンドルのいい香りを持続しやすくなります。

アロマキャンドルのデメリット

アロマキャンドルの匂いを持続させるためには、必ず火が必要になります。そのため、どうしても長時間部屋の中で使用するのが難しいです。

定期的に換気をしなければ部屋の中の酸素が少なくなりますが、換気をすればアロマキャンドルのいい匂いが外に出ていってしまいます。

また、火気がある場所では、使用できない点もアロマキャンドルのデメリットとして挙げられます。

匂いの持続力もあまり強くないので、部屋の匂いをしっかり変えたい場合はほかのアイテムを使った方が良いでしょう。

部屋の匂いを持続させるアイテム3:リードディフューザー

部屋の匂いを持続させるアイテム3:リードディフューザー

リードディフューザーとは、アロマオイルに木でできたスティックをさすことで部屋にいい匂いを広げるアイテムです。

リードディフューザーのメリット

リードディフューザーのメリットは、なんといってもインテリアに溶け込むおしゃれなデザインです。

また、アロマキャンドルのように火を使わないため、どこでもいい匂いを感じられます。

リードスティックをさすだけなので、誰でも簡単にアロマを楽しめるのもリードディフューザーのポイントです。

リードディフューザーのデメリット

リードディフューザーのデメリットは、倒れたときにビンの中のアロマオイルがこぼれてしまう可能性があることです。

リードスティックが長いと、洋服などに引っかかって倒れるケースもあるので取り扱いには注意しましょう。

また、商品によっては、匂いの持続性が弱いです。設置する部屋の広さを考えて、適したリードディフューザーの大きさを購入する必要があります。

部屋の匂いを持続させるアイテム4:石鹸

石鹸は手や体を洗うときに使うものと認識している人が多いかもしませんが、近ごろは部屋にいい匂いを広げるアイテムとして活用されています。

含まれているアロマの種類が豊富で、色や形が商品によって異なるのが石鹸の魅力です。

石鹸のメリット

石鹸はあまり香りがしないため、強い匂いが苦手な人におすすめのアイテムです。

見た目も美しく、お皿の上に石鹸に置くだけでデザイン性を感じられるのも石鹸ならではのメリットと言えます。

石鹸のデメリット

他の匂いアイテムと比べると部屋に広がる匂いが少なく、持続性に欠けるのが石鹸のデメリットです。

リビングなどの広い部屋ではなく、トイレや玄関などの個室に使用すると良いでしょう。

おすすめの人気アイテムを紹介

おすすめの人気アイテムを紹介

ここからは、人気がある匂いアイテムを3つ紹介します。部屋にどの商品を置けばいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

mercyu(メルシーユー)|リードディフューザー Desire

mercyu(メルシーユー)のリードディフューザー、Desireは自然な色味のリードディフューザーです。シンプルなデザインなので、部屋のインテリアにもすっと溶け込みます。

リードスティックを含めた全長は約50cmと少し大きめなので、広い空間のリビングや寝室での使用に適しています。

価格は税込2,420円で、香りの持続期間は約6か月です。

ESTEBAN(エステバン)|アンバースティック

ESTEBAN(エステバン)のアンバースティックは、お香の先端に火をつけることで香りを楽しめるアイテムです。

香りの種類が豊富で、価格は40本入りで税込み1,650円です。自分の部屋や気分にあわせて匂いを選べます。

燃焼時間は約25分ほどと限られていますが、少し気持ちを落ち着かせてリラックスしたいときなどに使用するのがおすすめです。

エステー|お部屋の消臭力 Premium Aroma アーバンロマンス

エステーの「心輝く 贅沢フレグランス」を部屋に設置すれば、ルミナスノーブルの香りを楽しめます。

同社の液体タイプの商品に使用されているフレグランスオイルを5倍濃密にしているため、香りの持続期間も長くなっているのが特徴です。

リードスティックの本数で香りの強さを調節でき、詰め替え用のオイルもあわせて販売されているのがうれしいポイントです。

価格は50mlで税込405円とお手頃で、リードスティックを6本さした場合、香りは約1~2か月持続します。

まとめ

部屋にいい匂いを持続させるためには、もともとの匂いをしっかり取ることが大切です。

まずは、エアコンに消臭効果が期待できるタブレットを取り付けたり、布でできたものを洗濯したりして匂いを取りましょう。

その状態で、部屋にあう匂いアイテムを置くことで、いい匂いが持続しやすくなります。

今回紹介した内容を参考に、自分の部屋でいい匂いを長く持続させてみてください。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 6月10日(木)より大賀薬局で発売開始!