安定化二酸化塩素と次亜塩素酸水の違いとは?安全性や効果を比較

安定化二酸化や次亜塩素酸水で、消毒・空間除菌したい方必見

安定化二酸化塩素と次亜塩素酸水の違いとは?安全性や効果を比較

・公開日:2021.08.05最終更新日:2021.08.05

新型コロナウイルスの影響で、近年、感染対策として消毒効果が期待できる製品に興味を持つ人が増えています。アルコールスプレーを手などに噴射したり、漂白剤の濃度を調整して床などを消毒したりしている人も多いでしょう。

消毒効果がある商品を探していると、「次亜塩素酸水」や「安定化二酸化塩素」といった名称を見かけることがあります。しかし、それぞれの違いが分からず、困っている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、次亜塩素酸水と安定化二酸化塩素の違いについて詳しく解説します。安全性や期待される効果を比較して、自分が本当に使用すべき商品を見極められるようになりましょう。

次亜塩素酸水とは

そもそも次亜塩素酸とは、食塩水もしくは塩酸を電気分解することによって生じる次亜塩素酸のことです。これを主成分にした水溶液を次亜塩素酸水と呼びます。

厚生労働省では、次亜塩素酸水は殺菌科の一種に分類される物質です。

参考情報:次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は同じ?

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは、名前がよく似ているため混同しやすいですが、実はまったく違います。何に違いがあるかというと、溶液の中における存在状態が異なります。

存在状態について詳しく解説すると長くなるため割愛しますが、次亜塩素水は酸性、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性です。

アルカリ性が強い性質を持つ物質は、濃度や使用方法を誤ると化学やけどの原因になります。そのため、次亜塩素ナトリウムは次亜塩素酸水より一層、取り扱いに注意しなければいけない違いがあります。

安定化二酸化塩素とは

安定化二酸化塩素とは

安定化二酸化塩素とは、アルカリ性の水溶液に二酸化塩素を混ぜて物質的に安定させたものです。

二酸化塩素には強い除菌・消毒効果があると分かっていたものの、空気中に成分が揮発しやすい特徴を持っていたため一般家庭向けの商品化が難航していました。

そんな中、アメリカが二酸化塩素を安定させた安定化二酸化塩素の開発に成功し、日本でも安定化二酸化塩素を使用した製品の販売が増えてきている状況です。

次亜塩素酸水との違いを比較

ここから、安定化二酸化塩素と次亜塩素酸水との違いを具体的に解説していきます。今回は、使用方法、安全性、期待される効果の3つに注目して、違いを比較していきましょう。

安定化二酸化塩素・次亜塩素酸水の使用方法

安定化二酸化塩素は消毒・消臭したい場所で使用します。例えば、スプレータイプの商品は該当箇所に噴射、ゲルタイプのものは商品をその場所におけば活性炭のような脱臭効果が期待されます。

一方、次亜塩素酸水は基本的に商品を適切な濃度に調整しなければいけません。例えば、机などを消毒する場合は、人が吸引しないように注意しながら水溶液を薄め、それをぞうきんやペーパーにつけて拭き上げます。20秒ほど時間を置いてから、清潔なぞうきん・ペーパーで拭き取ればウイルスなどの消毒効果が期待できます。

安定化二酸化塩素・次亜塩素酸水の安全性

次亜塩素酸水は安定化二酸化塩素と比べると、高い効果が期待できるものの、適切に取り扱わなければ人体に悪影響を及ぼしたり、効果があまり感じられなかったりなどのデメリットがあります。

特に、次亜塩素酸水に含まれる塩素はすぐに気化しやすいため、商品を開封するときや使用するときにはきちんと換気することが大切です。

一方、安定化二酸化塩素は前述の通り、物質的に安定するように調整されています。そのため、次亜塩素酸水と比較すると安全性が高く、取り扱いがしやすいと言えるでしょう。

安定化二酸化塩素・次亜塩素酸水の期待される効果

次亜塩素酸水は、強力な消毒効果がある物質です。そのため、新型コロナウイルスの消毒にも使用されます。NITEの検証によると、適正濃度の次亜塩素酸水を使用することで一定時間新型コロナウイルスの感染力を弱められるとのことです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html#:~:text=%E3%80%8C%E6%AC%A1%E4%BA%9C%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8%E6%B0%B4%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8C%E6%AC%A1%E4%BA%9C,%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%88NITE%E3%81%AE%E6%A4%9C%E8%A8%BC%EF%BC%89%E3%80%82

一方、安定化二酸化塩素には、ウイルスなどの除菌効果やペット臭などの脱臭効果が期待できます。次亜塩素酸水と比較するとその効果は少し弱まりますが、子どもやペットがいる環境でも安心して使用できる点に違いがあります。

そのため、空間除菌効果を期待して安定化二酸化塩素が含まれた製品を使用する人も増えています。

消毒・脱臭がしたい!安定化二酸化塩素の製品を探しているなら|空間除菌システム AC plusがおすすめ

消毒・脱臭がしたい!安定化二酸化塩素の製品を探しているなら|空間除菌システム AC plusがおすすめ

除菌・消臭効果が期待される安定化二酸化塩素をより手軽に使用できるのが「AC plus」です。安定化二酸化塩素をタブレット化した製品なので、一般家庭でも簡単にウイルスの除菌や臭いの脱臭効果が期待できます。

安定化二酸化塩素をタブレット化したAC plusの主な特徴は、以下の通りです。

  • エアコンに設置するだけで使用が簡単
  • ウイルスや菌の除去・消臭効果が期待できる
  • ネットで気軽に購入できる

AC plusは公式サイトはもちろん、Amazonからも購入できる製品です。部屋にエアコンさえあればすぐに使用できるため、気になる人はお気軽にご連絡ください。

まとめ:安定化二酸化塩素と次亜塩素酸水は違います

安定化二酸化塩素と次亜塩素酸水は、まったく別のものです。成分が異なるため、安全性や使用方法などに違いがあります。したがって、ウイルス・菌の消毒に使用する場合は、商品を使うシーンや用途にあわせて選択することが大切です。

安定化二酸化塩素は、次亜塩素酸水よりも安全性が高いと言われています。タブレット化した商品なら、より長く保存できるのも特徴です。

誰でも簡単に空間除菌ができる製品を探しているなら、AC plusがおすすめです。除菌効果だけでなく、空間における脱臭効果も期待できます。気になる方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 大賀薬局にて絶賛発売中! ドン・キホーテ   ドン・キホーテ一部店舗にて発売中! ヤマダデンキ   ヤマダデンキ一部店舗にて発売中!