水虫の原因と予防策を紹介。安定化二酸化塩素は臭い対策に有効?

安定化二酸化塩素の使用で期待できる効果も確認

水虫の原因と予防策を紹介。安定化二酸化塩素は臭い対策に有効?

・公開日:2021.08.05最終更新日:2021.08.05

水虫になると足の指の間にある皮膚がふやけたり、かゆみが出たりします。人によっては足の裏は角質で硬くなり、ひび割れを起こす場合もあります。

水虫自体に臭いはありませんが、水虫の菌のせいで皮膚の抵抗力が落ちるとそこで雑菌が繁殖して強い臭いが発生するケースもめずらしくありません。

この強力な臭いの対策として有効なのが安定化二酸化塩素です。

本記事では、水虫が発生する原因と臭い対策として有効な安定化二酸化塩素について解説します。

そもそも水虫の原因は?

そもそも水虫の原因は?

水虫とは、足の指の間などで「白癬菌」と呼ばれるカビが繁殖することで発生する病気です。病院の診断などでも「水虫」と言うケースが多いですが、正式名称は「白癬(はくせん)」です。

白癬菌は足だけでなく、手などの他の部位にも感染します。しかし、足は靴を履いて蒸れやすいため、白癬菌にとって繁殖しやすい環境になりやすいです。

そのため、水虫の9割近くは足で発生することが多くなっています。

なお、「水虫=男性の病気」という印象を持つ人がいますが、女性の中にも1日中靴を履いて働く仕事についていることで、水虫に悩む人はいます。

症状が出る仕組み

水虫の原因である白癬菌は、足などの角質のなかでも生きるカビです。つまり、白癬菌自体に触れた場合でも、必ず水虫を発症するわけではありません。

水虫に感染するのは、足に付着した白癬菌が傷ついた皮膚から体内に入り込んだ場合です。足周りが高温多湿で、長時間きれいに洗い流さない状況が続くと水虫の症状が見られやすくなります。

日本で水虫に感染する環境

日本における調査では、5人に1人が足白癬で、10人に1人は爪白癬があると分かっています。

https://www.dermatol.or.jp/qa/qa10/q06.html

米国の調査では年齢が上がるほど罹患者が多くなると言われていますが、水虫を予防するためには感染しやすい環境を知っておくことが大切です。

以下は、日本で水虫に感染しやすいとされる環境の例です。水虫対策・予防に役立ててください。

  • 毎日長時間にわたって靴を履いている
  • 足が蒸れていることが多い
  • 足の清潔を維持できていない
  • 足のケアを怠っている
  • 汗をかきやすい体質である
  • 脂性である
  • 免疫力が弱まっている状態にある
  • 足の指が太い
  • 足の指同士に空間があまりない

種類・症状について解説

種類・症状について解説

水虫は、発症する部位によって症状に違いがあります。日本でよく見られる水虫の種類・症状を部位別に下表に症状をまとめたので、チェックしてみましょう。

水虫の発症部位 主な症状
趾間型:皮がむける、白くふやける 小水疱型:水疱ができる、かゆみ、皮膚がむける 角質増殖型:皮膚が乾燥する、角質が硬くなる、皮膚がひび割れる
爪が白っぽくなる、爪の表面に縦の線が入る
足と同じように皮がむけたり、かゆみがでたりする

水虫と混同されやすい症状をチェック

水虫には、よく似た症状が見られる病気がいくつか存在します。それぞれ治療法に違いがあるため、治療する前に水虫か否かきちんと見極めることがポイントです。

日本でみられる水虫と混同されやすい病気・症状は、下表の通りですので参考にしてください。

病名 主な症状
汗疱性湿疹 汗によってできる湿疹。皮膚に小さな水疱ができる。軽いかゆみを感じたり、皮がむけたりする。
接触皮膚炎 いわゆるかぶれ。布製品や床の染料などが原因で発症する皮膚炎。小さな水ぶくれができたり、皮膚が赤くなったりする。
皮膚カンジダ症 カンジタという菌が原因の病気。指の間にふやけがみられる。

水虫になったときに使える対策とは?症状を改善する方法

水虫を治すためには、殺菌効果があるスプレーや塗り薬を用います。これらはドラッグストアなどでも販売されていますが、薬を数日使用しても効果が見られない場合は医師に相談することをおすすめします。

症状を診てもらうのは、皮膚科です。

水虫が治らないときはもちろん、水虫か湿疹か判断できない場合や患部が広範囲である場合は、セルフケアをせずにできるだけ早く医療機関に行くようにしましょう。

安定化二酸化塩素は強力な臭いの対策として有効?

安定化二酸化塩素は強力な臭いの対策として有効?

冒頭でも触れましたが、水虫になったからと言って必ず患部から臭いが発生するわけではありません。

しかし、水虫に感染した皮膚の抵抗力が落ちると、いろいろな細菌が発生しやすい状態になります。これが原因で、水虫になると臭いがしやすくなるのです。

安定化二酸化塩素とは、強力な除菌効果・消臭効果がある二酸化塩素を物質的に安定化させて安全な状態にしたものです。

日本ではまだ除菌効果などが認められていませんが、米国などではその効果が認められており、食品添加物として使用されることが多いです。

安定化二酸化塩素を使用した商品としては、スプレーやジェルなどがあります。水虫によって部屋全体の臭いが気になる場合は、安定化二酸化塩素をタブレット化したAC plusをエアコンにセットする対策が良いでしょう。

家庭用・業務用エアコンにセットするだけの安定化二酸化塩素がおすすめ

安定化二酸化塩素 AC plusは、業務用はもちろん、家庭用のエアコンにもセットできます。タブレット型なので液体タイプと違って、自分で薬品を希釈して濃度を調整する必要がありません。

水虫が原因の臭いだけでなく、空気中に漂うウイルスや菌を99.99%除去できるのもポイントです。

また、安定化二酸化塩素をタブレット化したことで、長期保存に対応しています。商品が劣化しにくいだけでなく、持ち運び・保管しやすいのもAC plusならではの魅力と言えるでしょう。

使用持続期間は部屋の大きさやエアコンの稼働状況などに左右されますが、公式ページでは約2カ月使用できると記載されています。

1袋15gの値段は、税込2,750円です。全国一律で385円の送料がかかりますが、タブレット化された安定化二酸化塩素を2つ以上購入する場合は送料が無料になります。

何がいい?予防方法を解説

何がいい?予防方法を解説

水虫を予防するためには、日ごろからフットケアを怠らないことが大切です。

例えば、靴に消臭効果・抗菌効果・殺菌効果があるスプレーをふりかけると良いでしょう。足を清潔に保ったり、携帯用のアルコールスプレーで適宜消毒したりなどの方法もおすすめです。

足に汗をかいたら清潔な靴下に履き替えたり、購入者のレビューを参考に通気性の良い靴を選んだりするのも良いでしょう。

その他、多くの人と共同で使用する場所では、できるだけ素足を避ける方法も効果的です。サウナやフィットネスクラブなど加湿されている空間だと、他の利用者からはく離した水虫に感染した皮膚が落ちて増殖している可能性が高くなります。

水虫の原因である爪白癬はどこにでもあるカビなので、日々の生活の中で予防することがポイントです。

水虫は消毒が大切。臭いは安定化二酸化塩素で除去

水虫は爪白癬と呼ばれるカビが皮膚から体内に侵入することで、感染する病気です。爪白癬は高温多湿の場所で増殖するため、長時間靴を履く足で発症しやすいです。

水虫自体に臭いはありませんが、水虫によって皮膚の抵抗力が落ちると強力な臭いの原因になります。

日ごろから水虫にならないように予防することも大切ですが、もしなってしまった場合は、少しでもニオイを抑えるために安定化二酸化塩素でできたタブレットを使用しましょう。

AC plusは、家庭用のエアコンに設置するだけで、水虫などのニオイに効果がみられます。

キッチン・台所の嫌なニオイやペットの臭いも消臭する効果が期待できるため、気になる人はぜひこの機会に安定化二酸化塩素のタブレットの購入を検討してみましょう。

公式サイトでのご購入 amazonでのご購入

V・ドラッグ V・ドラッグ全店舗にて絶賛発売中! 大賀薬局 大賀薬局にて絶賛発売中! ドン・キホーテ   ドン・キホーテ一部店舗にて発売中! ヤマダデンキ   ヤマダデンキ一部店舗にて発売中!